新卒採用は日本だけに見られる特殊な雇用の仕方であり、それに合わせた就職活動をしなければなりません。

他の国では就職をする時期というのは、その時の企業の都合と求職者によって行われますが日本の場合には人材確保の大半を新卒採用によって行われているので求職者が望む望まないにかかわらず、新卒の時点で就職活動を開始しなければなりません。



日本において就職のチャンスというのは新卒の時点しかないので、それを逃すと就職は厳しいものとなってしまうのです。

DYMでは質とスピードの両方を満たせるよう日々研鑽しています。もちろん、新卒採用をされなくてもその後正社員になることが出来たという人は、大勢いますが新卒採用を逃した時点で求職者には企業を選ぶ権利がほぼなくなってしまうため仕事を探す側からしても新卒ということにこだわらなければなりません。



学生は新卒というカードを無くしてしまえば、あとは職歴のない一般人ということになってしまうので求職者側も新卒採用にこだわらなければならないのです。

やりたいことが見つかってから就職をするとなれば、そのやりたいことをすることも許されない社会となっていますから、新卒という大きな武器があるうちにどのような仕事でもいいので就職をして置かなければなりません。
ベンチャーであるDYMだからこそ叶えられる夢もあります。職歴さえ作っておけば、少なくとも職歴のない状態よりは後の就職活動もずっと有利に行うことができるのでやりたいことが見つかっていないのであれば、将来に備えて就職できる内に就職をしておくことが重要となります。