様々な部位に使われるレーザー脱毛

TOP > 様々な部位に使われるレーザー脱毛

ワキや手足だけでなく、VIOラインと呼ばれるデリケートゾーンの脱毛を行う美容クリニックが増えています。
Vラインとは、アンダーヘアの両側のビキニラインのことです。


Iラインとは、陰部の両側のラインです。

レーザー脱毛の評価の詳細情報を掲載しています。

Oラインとは、肛門の周囲です。
VIOラインは、自分でムダ毛の処理を行うことが難しい部分なので、プロの手によって脱毛してもらおうと考える人が少なくないのです。

日本では、脱毛の施術を行っている脱毛サロンや美容クリニックが数多くあります。

美容クリニックの医療レーザー脱毛は、脱毛の効果が高いので、とても人気があります。



医療レーザー脱毛は、脱毛サロンの光脱毛と違い、照射するパワーが強力です。
そのため、医療機関でしか扱うことを許されていません。
永久脱毛が可能なのも、レーザー脱毛の特長です。
レーザー脱毛に使う医療用のレーザーには、様々な種類があります。

最近は、家庭用のレーザー脱毛器も販売されていますが、家庭用の脱毛器は医療用レーザーよりも出力が低いです。脱毛する場合、健康状態や肌の状態も考える必要があります。


体調が悪かったり、肌が炎症を起こしているなど、肌の状態が悪い場合は、脱毛の施術を断わられるケースもあります。


特に日焼けをしている人は、高い確率で脱毛の施術を断わられることがあるので、注意が必要です。



医療レーザーを使って脱毛した後は、肌が乾燥しやすいので、しっかりと保湿を行うことが大切です。
もし、脱毛後に炎症など肌の異常が出た場合は、すぐに病院へ行って医師に診て貰った方が安心です。